本来は点眼薬です | まつ毛の悩みはまつげ育毛の秘密兵器「ルミガン」で解消しましょう
menu

本来は点眼薬です

薬のパッケージ

まつ毛を今よりも長いまつ毛にしたい、そんな人にオススメできる製品がまつげ育毛の秘密兵器ルミガンです。
このルミガンというのは非常に優れたまつ毛の育毛効果がある医薬品で、まつ毛育毛剤として知られている製品なのですが、実はこのルミガンというのは本来まつ毛育毛剤ではないというのを知っていますか。
ルミガンというのは実はまつげの育毛を目的として開発された医薬品ではなく、元々はGlaucoma、緑内障と呼ばれる症状の治療・改善を目的に作られた点眼薬なのです。
したがって、ルミガンの有効成分であるビマトプロストというのも本来は緑内障の治療薬に使用されている成分なのです。
しかし緑内障の治療薬として作られているルミガンがどうしてまつ毛育毛剤として使用されるようになったのか、という疑問が残る人もいる事でしょう。
その理由として、この育毛効果がビマトプロストの主作用ではなく「副作用」であるということが関係しています。
実はこのまつげの育毛効果というのは、ルミガンを使用した際に発生する「薬液があたった部位の多毛」という副作用によって得られる効果であり、意図的に仕組まれた効果というわけではなく、言ってみれば「棚からぼたもち」のようなものなのです。
こういった偶然から生まれる使用効果というのは非常に多く存在しており、医薬品の中では決して珍しいことではありません。
しかしこの「本来は緑内障の治療薬」という点はルミガンを入手する際にも重要となることなので、しっかりと覚えておくようにしましょう。