使用方法は簡単 | まつ毛の悩みはまつげ育毛の秘密兵器「ルミガン」で解消しましょう
menu

使用方法は簡単

寄せ集められている薬

ルミガンは本来まつ毛の育毛剤ではなく、緑内障の治療薬として使用されている医薬品です。
したがって、ルミガンをまつげの育毛剤として使用する際には緑内障の治療薬として使用するのとは全く違った方法で使用する必要があります。
その方法というのは目に対して直接薬液を落とすというものではなく、まつ毛の生え際に対して薬液を塗布するというものです。

まずルミガンを使用する際には、顔についているメイクや皮脂、脂汚れといったものを綺麗に落とします。
顔を清潔にした後はアプリケーターと呼ばれる専用の道具に対してルミガンの薬液を1滴落とし、アプリケーターの先端に薬液が付いた状態にします。
そしてアプリケーターに対して薬液が付着した後は、そのまままつ毛の生え際をなぞるようにしながら薬液を塗布します。
これを両目で行い、使用完了です。

薬液を塗布する際の注意点としては、片目に対して薬液を1滴分のみ使用するという事、そして「上まつ毛に対してのみ使用する」ということがあります。
下まつげに対しては上まつ毛に付着した薬液が目を閉じた際に下まぶたやまつ毛に付着するため、自分から塗らなくとも問題ありません。
非常に簡単な方法で薬液を塗り、使用することが可能となるため、もしルミガンを使用したまつげの育毛を行いたいと考えているのであればこの使用方法を覚えた上で使用するようにしましょう。
また、ルミガンを使用する際に使用する専用のアプリケーターがもし手に入らないという時には市販の綿棒、もしくは紙軸の綿棒の軸の部分を使えば綺麗に塗れると言われています。
しかし紙軸の綿棒で目の周辺をこするというのは、使用時に力が強くかかってしまうと目に対してダメージが発生する可能性があるため、可能な限り専用のアプリケーターを使用するようにしましょう。