副作用で変色します | まつ毛の悩みはまつげ育毛の秘密兵器「ルミガン」で解消しましょう
menu

副作用で変色します

白い薬各種

ルミガンを使用する際には注意をすべきことがあります。
それはルミガンの薬効成分であるビマトプロストによって発生する「副作用」です。
ビマトプロストの副作用として知られている物に大きく2つがあります。
まず1つは「まつげの多毛」です。
これは厳密には付着した部位の多毛のようなもので、まつ毛育毛剤としてルミガンを使用した際にはこれが主作用となります。
次の副作用は「色素沈着」です。
色素沈着は皮膚の内部に存在するメラミン色素が透けて見えるようになるなどの症状で、発症すると色素沈着を起こした場所が黒や茶褐色、どす黒い紫に近い色へ変色することもあります。
色素沈着は主に上まぶたに対して起こる現象ですが、下まつ毛に対して無理にルミガンを使用した場合、下まぶたが色素沈着を起こし、酷い隈ができたような状態になってしまうため、注意をするようにしましょう。
また、この色素沈着というのは目の虹彩と呼ばれる瞳孔の付近に薬液が付着した際にも発生する現象です。
虹彩に対しての色素沈着ですが、これは虹彩の色が黒や茶褐色をしている日本人の多くは気にする必要のない症状ですが、西日本に多い黄色や黒に近い緑のような色をしている虹彩を持つ人の場合、虹彩がまだらに変色をしたような状態となってしまうので、十分に注意しましょう。